テクノロジーの導入で、
現代にフィットした福利厚生を。
そして福利創生で、新たなコミュニティ形成を。自らの働きかけで実現したい。
佐藤 智哉 Tomoya Sato
リソルライフサポート株式会社 出向 2018年入社
法人営業部 東京法人営業課
早稲田大学卒
Work
社員紹介
アイコン仕事内容/やりがいについて
福利厚生事業の法人営業をしています。従業員の個々のニーズに対応した多彩なメニューやサービスを揃えた福利厚生のパッケージ型サービス「ライフサポート倶楽部」をはじめ、ニーズに合わせて選べる選択型福利厚生サービス「カフェテリアプラン」、中小企業向けのパッケージ「スマートプラン」などを用意。いわゆるアウトソーシングによって各社の福利厚生制度を充実させるのが私たちの役割です。
1年目の現在は、先輩に同行し、営業アプローチの基本を学びながら、各種資料作成や運用業務などについても勉強しているところです。最近では単独でも、宿泊メニューを用いた企画など担当企業様へのサービス利用促進提案を行っています。当面は試行錯誤の日々が続きそうです。
仕事の難しさは、企業様によって課題感やコミットメントが大きく異なること。課題が明確でなかったり、そもそも課題意識を持っていなかったりと、福利厚生への姿勢は様々です。そのため、企業ごとに、福利厚生サービスの内容をカスタマイズする必要があります。そして単純にパッケージを売ったら終わりではなく、その効果を企業担当者様とともに長期的に検証し、随時改善していく必要もあります。でも、最終的には福利厚生の充実が、従業員様のモチベーションにつながり、ひいては会社の活性化につながる試みなので、とてもやりがいのある仕事です。
アイコン入社動機について
大学で健康について学ぶ中で、「健康経営」を直に取り組む環境に身を置きたいと考え、福利厚生に関わる事業を行う会社に絞って就活しました。その中で、リソルを選んだ理由は、規模と雰囲気です。まず、規模については大組織に埋もれるより、小規模でも自分が主戦力として働きたいと考え、適正規模の当社を選びました。また、雰囲気については若手でも意見を言えるフラットな組織と風通しの良さを重視。実は内定後に、当時の社長と部長と食事をする機会を得て、そこで「あれもやりたい、これもやりたい」という意見交換が自然体で行われているのを見て、とても良い雰囲気を感じたんです。おまけに「君は何がやりたい?」と聞かれ、そこで健康経営についての持論を述べたところ、親身に耳を傾け、「ぜひ我が社で思う存分チャレンジを!」と言ってくれました。経営トップからの、このひと言は大きかったですね。
アイコン今後の目標など
私の今後のチャレンジテーマは、福利厚生を現代的なカタチに創り替えていくこと。当社の強みは企業様の個別ニーズに応えて自在にカスタマイズできることなので、さらに従業員様の潜在ニーズを見極め、まだ見ぬニーズを探っていけば、全く新しいサービスの創出も可能なはず。また、各社との接点も多く、ともに考え、議論する時間も多いので、こちらからの働きかけで彼らの福利厚生への意識を変えていくこともできるはず。現に働き方改革の波が来て、福利厚生に潤沢な予算をかけて、手厚いサービスを提供する企業も増えてきています。
個人的には、フィンテックやブロックチェーンといったテクノロジーの導入で、福利厚生をより現代にフィットしたカタチにしたいと考えています。例えば、スマホアプリで多彩なサービスを選び、ワンタッチで予約・決済でき、気軽に利用可能な仕組みを考えたり、あるいは「ライフサポート倶楽部」がハブとなり、所属する組織の垣根を超えた多様なコミュニティ形成を可能にしたり…等々、これまでの福利厚生という概念に縛られず、現代のニーズに合わせて人々を支えるサービスを構築していきたいです。
イメージ
My Smile
スマイルを創る
日々の心がけ
私の仕事は「スマイル」に直結するものではなく、その基盤を仕組みで支えるものです。そのため、「スマイル」のテコであることを常に意識しています。そして、ホテルやゴルフ事業を強みとする当社だからこそ、「ライフサポート倶楽部」によってシナジーを生み、世の中の「オフ」を入口から出口までデザインすることができると考えています。「あなたのオフを、もっとスマイルに」という当社のコーポレートスローガンの、「もっと」をもっと加速させることをモットーに、日々の業務に取り組んでいます。


PAGE TOP