「狭く浅い」現状から「広く深い」将来へ、
常に過去の自分を超える成長を果たしていきたい。
いつかは、経営の舵取りを担う立場へ。
木下 良明 Yoshiaki Kinoshita
リソルホールディングス株式会社 2018年入社
内部監査室
明治大学卒
Work
社員紹介
アイコン仕事内容/やりがいについて
内部監査として、グループ各社の経営目標の効率的な達成に向けて、独立した立場からガバナンス強化、リスクマネジメント、内部統制に関する経営諸活動を評価し、客観的な助言や勧告を行うアシュアランス業務を担当しています。特に現在は、社内規程・基準の見直しに注力しており、より一層の内部統制強化を図っています。また、助言や勧告をするだけではなく、各社への実施調査をして、さらなる課題を見つけて改善策を講じることも私たちの役割です。
入社1年目から、まさか内部監査室に配属されるとは思っていなかったので、正直、最初は戸惑いもありました。でも、グループ各社を経営視点で見つめながら統制し、さらには改善アイデアなどを経営陣に上げる仕事は、めったにできない貴重な経験。今は、この機会を最大限に活かそうと考えています。
民法や会社法等の法律知識、財務諸表を読み解く会計知識、多様で専門性の高い商品知識などを求められ、毎日が勉強の連続でインプットの嵐ですが、学んだことのアウトプットが日々の業務に活きる手応えは大きく、それがやりがいとなっています。
アイコン入社動機について
ホテル、ブライダルなどの接客サービス業を中心に就職活動をしていました。最終的に5社くらいに絞ったなかで、決め手は大学時代の出来事です。実は大学時代、ダンスサークルの合宿で「リソル生命の森」を利用する機会があったのですが、そのときに「花火大会をやりたい!」「運動会をしたい!」という私たちの要望をすべて受け入れてくれたんです。たくさんの要望にも笑顔で応え、実現してくれるリソルの姿勢に、「この会社は凄い!まさにホスピタリティのプロだ!」という印象がずっと残っていて、最終的な決め手となりました。
他には、「多様な業態」「一部上場企業」「ホワイト企業」「サービス業」など、私なりの条件をすべてクリアしている上に、コーポレートスローガンである「あなたのオフを、もっとスマイル」への共感があったから。実際に大学時代、生命の森で私たちクラブメンバー全員が、笑顔になりましたからね(笑)。スローガンを体現している現場を目撃しているわけですから、その共感もとても深いものでした。
アイコン今後の目標など
今は本社での内勤業務が多いので、今後はどんどん現場に足を運んで、そこから見えてくる課題などにも取り組んでいきたいです。フィールドワークの機会を増やし、「狭く浅い」現状から「広く深い」将来へ、常に過去の自分を超える成長を果たしていきたいと思います。
これからの目標は、様々な部署で専門的な知識を広く身につけることです。さらに、現場での経験も積み、将来的には経営の舵取りをする部門、例えば経営企画などの仕事にトライしたいと考えています。リソルグループは、今後飛躍的に成長する余力も、新たな経営ビジョンを思い描く余白もあって、可能性あふれる企業グループです。だから、いつか自らのアイデアを事業化するチャレンジもしてみたいですね。
例えば、自分の趣味であるダンス。ダンススタジオをホテルに設け、ダンスイベントを主催するなど、ホテルをダンスの聖地にする。そんな、既成概念を打ち破る何かを仕掛けたいと思っています。経営陣へのプレゼン機会もある当社でなら、いつかきっと実現できると私は信じています。
イメージ
My Smile
スマイルを創る
日々の心がけ
お客様との距離は遠い内部監査室ですが、業務の先にある、本当の目的を見失わないように心がけています。監査や基準等の見直しによって、より公正で効率的な経営活動を手助けし、現場の第一線の方々が働きやすい環境をつくる。その結果、従業員が「スマイル」になり、その波及効果がお客様の「スマイル」につながっていく。それが、スマイルを創り出すいちばんの鍵だと思います。


PAGE TOP