リソルホールディングス
ワークライフバランス行動計画

2005年に「次世代育成支援対策推進法」が施行されました。次世代育成支援対策推進法は、次代の社会を担う子供が健やかに生まれ、育成される環境の整備を行うための法律です。この法律に基づき、当社では以下の行動計画を制定しましたのでお知らせ致します。

1.目的

従業員がワーク・ライフ・バランスを実現するために、会社は様々な働き方ができる職場環境や制度を整え、従業員はその環境を活かしてオフタイムを充実させることで、自身の能力を高めながら、性別に捉われず自らの業務の効率化を図り、心身共にハツラツと働くことができるリソルホールディングスの企業風土を確立する

2.期間

2017年3月1日から2022年2月28日までの5年間

3.内容

プラン1 時間外労働を削減してオフタイムを充実させようプラン

  • 部課長が労働時間の多い従業員を把握する為に全従業員の時間外労働を集計、会議で報告を行う
  • 部門内で業務の棚卸しを行い、業務の必要性、優先順位を把握することで適格な業務分担を進め時間外の削減を促進、平日に従業員が計画的に自己啓発や休養等の充実したオフタイムを過ごせるよう社内環境の整備を行う

プラン2 有給休暇の取得で心身共にハツラツプラン

  • 「年次有給休暇管理表」を活用し、部門長と従業員本人が双方で有給休暇取得状況を把握、従業員が計画的に有給休暇を申請・取得しやすい社内環境を整備する
  • 夏季休暇(4日間)の連続取得と有給休暇プラス取得を促進し、連続休暇の取得を促進する

プラン3 未就学児の子を育てる親への家庭生活安心プラン

  • 未就学児までの子を持つ従業員が安心して働けるよう、育児・子の介護休業に関する規程を社内に周知徹底して、短時間勤務等の制度利用を促進する
  • 職種による業務・勤務体系の違いを考慮し、従業員が無理なく働けるよう短縮する時間を柔軟に設定できるようにする

プラン4 ワーク・ライフ・バランス実現に向けた企業風土確立プラン(社内通知徹底)

  • 会議等を通じて、従業員のワーク・ライフ・バランス実現にむけた制度の告知・啓蒙運動を行い、従業員が、その環境を活かしてオフタイムを充実させることで、自身の能力を高めながら、性別に捉われず自らの業務の効率化を図り、心身共にハツラツと働くことができるリソルホールディングスの企業風土の確立を目指す

以上

お問い合わせ

リソルホールディングス株式会社 管理部 総務人事課

TEL:03-3344-8821